先日もこんな方がやってきた

先日もこんな方がやってきた。

歯の噛み合わせは、そんなに気になったことはないが、右の顎が口を開けると痛い症状が数ヶ月続いていて最近は偏頭痛もする。

診てみると舌の運動に癖が強く出ている。

歯の噛み合わせは、主に顎の上下運動に関係しており、舌は左右運動、口元は顎の前後運動に関係している。

舌が歯に触れるのは、歯列の内面でありこの接触習慣が顎を右側に偏位を起こす原因になっている。

この習慣は、反射的なものであるので、歯牙の内面の特定の箇所に直接先端がダイヤモンドの硬質を持った鍼を触れることで、顎を左右中心に反射的に取り戻すことができるようになる。

反射であるので、結果は瞬間的な変化を起こし、顎の運動は軽くなる。痛みは消えるのに血液循環が変化するのに時間がかかるので数時間、数日様子を見てくださいと言って帰した。

その夕方、電話がかかってきて、気がついたら顎が大きく開き右顎の痛みが消え、”不思議な感じ”とのお礼の言葉をいただいた。

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

最近続々とご感想をいただいています。 ご興味のある方は、下記に、症状ご希望日時他を3通りほど挙げて頂けるとスムーズです。 遠隔施術費用は11400円 施術後でも下記口座に振り込んでいただけると大丈夫です。 ご感想1 岩尾先生、先週はとっても素晴らしいタイミングで遠隔治療を受けさせていただきありがとうございます☺️クリスタル術なんていうものもあるのですね、楽しみです☺️ コロナにかかった後で、大変弱

最近、遠隔調整のご感想を沢山いただいています。 その中のつい最近のご感想をここに載せることにしました。 ■ゲート32&真理の種セッション感想 施術日:2022年2月7日(月) 受けた人:小澤祥子 タイトル: 「自然体」が最強! 感想: 岩尾院長、先日は遠隔施術セッション誠にありがとうございました。 昨秋頃から心身ともに疲れが溜まってしまい、大好きな仕事にも手がつかない辛い状態でした。 そこで自身の

歯科先生への手紙 私は以前東京歯科大学元学長 名誉教授の石川竜也先生に大変お世話になった、一介の鍼灸師です。  今回この手紙は、歯の噛み合わせを自分の歯列を10年以上に渡って、自ずと削って経絡との関係や身体との法則を研究してきた中で、大きな発見と思われる現象を実演の中で提示したく思っての提案です。 この現象は、噛み合わせをほぼ頭部と身体の中心に整合させ、噛み合わせの自由度が大幅に改善できま