top of page

歯科先生への手紙

歯科先生への手紙 私は以前東京歯科大学元学長 名誉教授の石川竜也先生に大変お世話になった、一介の鍼灸師です。  今回この手紙は、歯の噛み合わせを自分の歯列を10年以上に渡って、自ずと削って経絡との関係や身体との法則を研究してきた中で、大きな発見と思われる現象を実演の中で提示したく思っての提案です。 この現象は、噛み合わせをほぼ頭部と身体の中心に整合させ、噛み合わせの自由度が大幅に改善できます。  同時に、顔のシンメトリー、笑顔話し易さなどを取り戻すことができます。 大まかには、歯そのものに先がダイヤモンド硬質を持った鍼を特定の歯列上の箇所に触れることで、舌の運動、口の運動が咬合全体を中心位置に保持できる現象とその法則です。 もしご興味がありましたら、御来院いただいても、こちらから出向いても10分ほどのデモンストレーションをお見せできる事と思っております。  鍼灸院としての開業は40年を迎え年齢は70歳を超え総入れ歯になってはおりますが、この咬合法則のおかげでで最近、子供の頃に出来たバク転が50年ぶりに出来たほどの身体能力を取り戻しております。 近く、この法則を含めて出版する予定の、骨子を箇条書きにきした冊子を同封いたしました。 ご返信いただけると、幸いです。             敬具


追伸

 70歳の記念に勇気を出して、バク転した写真です。




 量子場調整アカデミー

 会長 岩尾和雄

閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示

肝心なこと

身体の歴史は 社会で何を成しえたかでは 全くない。 口腔、歯の歴史であるが その中の何? と尋ねられると それは顎位にある。 そう言われても 理解し難いかも知れない 顎の動きは その人のさまざまな障害がもろに表現され 終いには歯列の歪みや顔身体の制限、症状に落ち着く 最近 ここにちょっとした重大な事を 発見し技術化した 額位の反対側の側面が 歯の噛み合わせであるが この顎位が 思いのほか大きなとこ

歯の腫れ

人生の歴史は家族や友人この世界で 何を成しえたかではあるが 私たち身体の歴史は 口の中にあり 歯の歴史に正比例しているのに 普通、気が付かない。 歯の周りが腫れるたびに 歯の根元が腫れだし揺れ始めるが 大したことない 痛ければ抜けばいいと思う。 しかし その時に何が起こっているか 歯の根元の歯槽骨が崩れるだけではなく 頭蓋骨が歪み脳が歪み 身体の骨格も内臓もその力を失ってゆく。 人生はさほど変わっ

口腔の驚くべき能力

車が動かない。 エンジンは勢いよく回っている。 車の修理屋さんに見てもらうと エンジンのギヤが壊れているという。 いくらエンジンが立派でも エンジンのギヤが 破損したり 滑ったり リズムが合わないと まともに走るわけはない。 この話は 私の車ではなく 私達の 歯の噛み合わせという 身体のギヤが 破損したり 滑ったり リズムが合わないと まともに 生きられるはずはない。 ここで精神力はエンジンであり

Comments


bottom of page